結納金

結納金のお札は新札

2009年06月09日結納Q&Aコメント&トラックバック(0)

結納金のお札は、全部新札にするのが礼儀でしょうか。

古いお札でもお金には変わりないのですができれば新札が望ましいと思います。変な例えですがアイロンの掛かっていないシャツを着ていくのときちんとアイロンの掛かったシャツを着ていくのでは相手様の印象が随分違うと思います。こんな感じでしょうか・・

結納金の代わり

2009年06月09日目録・受書コメント&トラックバック(0)

86bc2194.gif遠方同士の場合などの場合、多額の現金を持ち歩くのは不安ということで現金は後日銀行振込という方のお話をしましたが、結納飾りの本来結納金を入れる袋は空っぽでもいいのでしょうか・・そこで、代わりになるものということですが例えば略式タイプで結納金だけをお渡しするようなタイプの結納を用意された場合本来結納金を入れる袋の中に、簡略な目録を入れておくのはいかがでしょうか?ほら、よくゴルフコンペなどの景品で、現金やなんか持ち歩けないという場合目録という形にして渡したりするでしょ?あんな感覚かな?こうすれば、現金が入っていないだけで一応結納品の格好になっていますしなんとか格好も付くのでは?と思います。

結納金に指輪代は含まれるのか?

2009年06月08日結納Q&Aコメント&トラックバック(0)

結納金の相場100万円というのは婚約指輪込みの値段ですか?婚約指輪はプレゼントだから含まないんですかね?

一般には、結納金と指輪は合算して考えないと思います。おっしゃるように、指輪はあくまでも記念品だからです。例えば100万はいつまでたっても等価で100万として使えますが100万で購入された指輪は100万と等価ではないからです。

ただし決まりがあるわけではありませんので合算してというお考えの方もあります。どうしたいかは男性側の気持ちだけなのです。こういつたことって正直難しいですよね。どうか穏便に互いの意見がすれ違わないようお互いを配慮・尊重しながら(回りくどいですね ^_^;)お話を進めてくださいね。参考になれば幸いです。ではまた。

結納金は誰が出すのか

2009年06月06日結納Q&Aコメント&トラックバック(0)

結納金は結婚する新郎が出すものでしょうか?それとも、親が出すものでしょうか?

結納金は親が出すかご本人が出すかはそれぞれのお家の考え方によると思います。一般に関東では対個人という考え方が強いためご本人が出される比率が高く逆に関西では対家という考えが強いため親御様が出されるという比率が高いようには思いますが、ただ最初にも申しましたとおりそれぞれのお家の考え方次第かとは思います。

結納金の袋に名前は書くの?

2009年05月24日当世結納事情, 結納Q&Aコメント&トラックバック(0)

8f23a7b2.jpegネットのお客様から良くご質問があるので、ブログにアップしておきます。
(*^▽^*)「結納金を入れる袋に名前って書くの?書かないの??」

正解は、「書きません(⌒‐⌒)」お結納はご両家様のお祝い事なので、当然お相手様がわかっております。名前は書きませんが、札紙には「小袖料・御帯料」など、このお金はお結納金である事の名目をきちんと書きます。最近では、お結納金の名目を使いたくない・・・・とのお客様もおみえになります。その場合「寿」とお書入れし、このお金はどのように使ってほしいのか口頭で説明をされる方もみえます。

寿

2009年01月31日当世結納事情コメント&トラックバック(5)

「寿」これほどお祝い事全般にオールマイティに使える言葉はありません。先日もネットでご注文のとあるお客様、結納金として包むのではなく、もう少し軽い意味でほんの気持ちとして包みたい、この場合の適切な名称は?というご質問、この場合もこの「寿」とすればOK。結納金ほどかしこまらず、しかも相手様に対しても失礼にもあたらない・・ということでおすすめです。

半返し

2009年01月28日結納返しコメント&トラックバック(0)

「半返し」これは結納返しの際、頂いた結納金に対する返戻金の割合のことを指しますが、一般に関東では「半返し」その他の地域では「一割返し」というのが多いようです。ずいぶんと開きがあるものですね・・しかし関東の方でも一割返しでされた方もありますし、要はそこのお家の考え方次第かと思います。先日関東の方でこんな方がありました。本来は結納金100萬なんだけど半返しの分を差し引いて最初から50萬包む・・なるほど合理的。

100万円の帯札は取るの?

2009年01月24日結納Q&Aコメント&トラックバック(0)

【お金の帯について】
結納金が100万円などの場合帯がしてありますが、これははずすほうが正しいのかはずさないほうが正しいのか、

答えはどちらも正しいと言えます。帯がしてあったほうが信用性があっていいとお考えの方も多く、そう思われる場合は帯はしたままでいいと思います。どちらかといえば最近は帯がしてあったほうがキチンとした感じがする・・などの理由で帯はしたままの方が多いと思います。また結納金は相手様に手渡しした後ご確認していただくのが正式、その際に帯を”破る”"ちぎる”などの忌み嫌う行為が発生することを避ける為、帯はそのままにしておかれる方も多いと思います。
 しかしどちらが正式なのかといえば、お札の枚数が万が一多い少ないなどがないよう、銀行から両替してきたそのままではなく帯ははずしてもう一度数えるのが礼儀であるとは昔から言われてはおります。
ただこういったことも時代とともに、人の考え方も変化してきている面もありますし、また大多数の方がしておられる方法が一般常識となります。後はどちらが良いかはご自分の感覚的にしっくり来るほうで判断していただけば良いと思います。

結納金の銀行振り込み

2009年01月03日結納Q&Aコメント&トラックバック(0)

結納金は現金じゃないとだめでしょうか?

とはたまにいただく質問。
先日もとあるお客様、「相手が遠方で・・前日はホテルに宿泊するので大金を持ち歩くのはどうも・・」結局そのお客様、お相手様とお話をされ結納金のみ”銀行振り込み”にすることになったそうです。

これ・・従来からの常識では考えられないことだけど、物騒なこのご時世致し方ない方法かもしれませんね。ひょっとしたら”結納金の銀行振り込み”なんてのが常識になる時代が来るのかもしれません。