■ワンポイント(仏事編)

表書き(法要、神式)

2005年11月30日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

お渡し時期:当日
表 書 き:御神前、御供、御供物料
水 引 き:銀一色結び切り
 の し :のしなし

表書き(法要、仏式)

2005年11月29日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

お渡し時期:当日
表 書 き:御仏前、御供、御供物料
水 引 き:黄白結び切り
 の し :のしなし
但し関西は法事に関して、一般に黄白の水引を使用しますが
その他の地方では、仏事に関しては黒白・または総銀結びきりを使用します。

表書き(葬儀・キリスト教)

2005年11月28日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

お渡し時期:通夜(カトリック)・前夜式(プロテスタント)・葬儀
表 書 き:御霊前・御花料
水 引 き:銀一色(黒白も可)結び切り
 の し :のしなし

表書き(葬儀・神式)

2005年11月27日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

お渡し時期:遷霊祭、通夜祭、葬場祭
表 書 き:御霊前、御玉串料、御神前
水 引 き:銀一色(黒白も可)結び切り
 の し :のしなし

表書き(葬儀・仏式)

2005年11月26日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

お渡し時期:通夜・告別式
表 書 き:御霊前、御香典
水 引 き:黒白(銀一色も可)結び切り
 の し :のしなし

悲しみごとの表書きは薄墨で

2005年07月24日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

「香典・ご霊前などの悲しみごとの表書きは薄墨で書く」と一般に言われていますが、意外と知らない方もいるようです・・・これは 涙でにじんで薄墨になりました、というところから来ています。墨の濃淡で感情や人への思いやりを表現しようとする日本の心、まさにワビサビの世界・・・しかし戦後に生まれた世代はそんな教育受けずに育ってきたからなぁ・・理解するのが難しいかもしれない、でも今からでも遅くない!と思う

法事の引き出物の表書きは?

2005年07月23日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

Q:法事の引き出物の表書きは?
A:一般には「志」または「忌明志」で下には施主の苗字を書いておけばよろしいかと思います。35日と49日の場合、細かくはそれぞれ五七日忌明志・七七日忌明志。関西などでは満中陰志が一般的。

香典も新しいお札?

2005年07月22日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

香典に入れるのは古いお札?それとも新しいお札?
結構悩まれる方も多いですよね
さてさてどちらがいいのでしょうか・・・
亡くなった方には清らかなものを差し上げるという意味から、
香典の場合も新券を入れるべきだと思うんです。
ただしこれは感覚的なものもありますから、
感覚的にしっくりくるほうでして頂けば問題ないと思います。

お葬式後の香典はどうしたらよいのか・・

2005年07月04日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

21ee48ba.gifQ:もうすでにお通夜も告別式も終わっており、お香典を渡すタイミングをどうしたらいいものか困っています。
A:こういったことは決して特別なことではなく、実生活ではよくあることだと思います。知人のご都合を聞いていただいてお伺いすればよいかと思います。
この場合はお香典ではなく「御仏前」もしくは「御霊前」として包むほうがより適切
ではないかと思います。お金とともに、お線香などをお供えとして持参されても良いかと思います。進物用のお線香は意外なところでは私どものような結納店でも販売しています。 >>こちら また念珠を忘れないように。そして袋は裸ではなく、ふくさなどに包んでいく、あとは靴下のかかとに穴があいていないか確認する(笑)注意点としてはこんなところでしょうか。

葬儀場で“香典”を忘れたことに気がついた

2004年09月20日■ワンポイント(仏事編)コメント&トラックバック(0)

さあ大変・・・
 こんな場合は、香典は後日郵送する旨を受付でお伝えし、とりあえず
 記帳をします。
 マナー上においても
 香典は通夜・葬儀ともどうしてもいけない場合などは郵送しても
 失礼にあたらないとされていますので、この場合も郵送で大丈夫。
 ただしきちんと現金書留で郵送し、表書きした金封とともに必ず
 お悔やみのお手紙を添えましょう。
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ この度は突然のことで、どのようにおなぐさめ申し上げてよいか
 ┃ 分かりません。心よりお悔やみ申し上げます
 ┃ 気持ちだけ同封いたしましたので、お供えくださいませ。
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

次のページ »