お問合せはこちら
0120-22-7637
営業時間 AM9:00 ~ PM18:00(木曜休)
パンフレット請求
結納ドットコム冠婚葬祭のお道具 > 掛袱紗(染)家紋入り
染掛袱紗 掛袱紗・タイトルロゴ

掛袱紗(かけふくさ)とは結納やお祝いを持参する時に広蓋・切手盆・万寿盆に掛けて使用する、四隅に房の付いた袱紗の事。生地の種類は「染め抜き」と「綴れ織り」があります。染め抜きの袱紗は、その柔らかな風合いが魅力「染」のものは真っ白な白生地の状態から色を染め抜いて作ります。

恥をかかないために  
あなた色に染まります

元々はお嫁入りの際に袱紗や風呂敷に家紋を入れ染めて持たせた事から始まった言葉。切手盆はあるから袱紗だけの単品でほしい。もちろん掛ふくさ単品でもご購入が可能です。

掛袱紗・サブタイトル


掛袱紗は大きく分けて 「染め」と「織り」の2種類。「織り」は着物の帯と同じ製法で織込んで作ります。手触りは硬くてしっかりしています。一方「染め」の袱紗は塩瀬(しおぜ)という正絹の白生地を染抜いて作ります。

塩瀬・掛袱紗 庭園でのイメージカット 心地よい柔らな手触りがあり、使っていても"手になじむ”感じがします。まさに“ナチュラルフィット”日常使う上で“手になじむ”って感覚はとても重要なポイント。 しっとりとした柔らかさを持つ「染め」の掛袱紗。使い込むほど手になじむ染の掛袱紗の魅力をぜひ一度ご体感ください。

定番アイテム「古代紫」

menu > 掛袱紗(染)家紋入り
家紋入り掛袱紗、左「古代紫」右「鉄紺」 「古代紫」はいわゆる一般的な紫色のこと。 写真の掛ふくさの家紋は"丸に下がり藤"これは定紋にある家紋ですが紫などの色をご希望の場合、別誂となります。

■掛袱紗(塩瀬)別誂6号「古代紫」重目
■掛袱紗(塩瀬)定紋6号「鉄紺」並
※並生地で別誂の場合は
※6号(20×22cm)
一口に紫といっても
家紋入り掛袱紗「赤紫」「黒古代紫」 左は一般的な紫よりも赤みを帯びた「赤紫」 右はかなり濃く黒みがかった「黒古代紫」
明るすぎず暗すぎず品の良いお色目の赤紫は評判が良い。※基本的に紫は別誂。

黒古代と普通の紫の違い
並べてみればその違いが判るのですが単独で見ていると違いが分かりにくいのは確か。黒古代は黒と付いているだけに黒っぽいですが、極端に黒いという訳でもなくやや黒味がかった紫。僅かに黒味ががっているだけなのに深みと品格が感じられるから不思議です。
風呂敷や袷ふくさも お揃いのお色で一緒にいかがでしょうか?

質問する
0120-22-7637
9:00~18:00(木曜除く)
注文はこちらから

華のある色合い「朱」

menu > 掛袱紗(染)家紋入り

家紋入り掛袱紗「朱」
「朱」の掛袱紗は赤ともエンジとも微妙に違う、まるで紅を指したような初々しい明るさがあります。お嫁入されるお嬢様に作りたい朱の掛袱紗は外せないお色。
掛袱紗と風呂敷「朱」
掛袱紗と2巾の風呂敷をお揃いで
掛袱紗「朱」と「古代紫」
同サイズの掛袱紗、朱と紫の色違い

質問する
0120-22-7637
9:00~18:00(木曜除く)
注文はこちらから

掛袱紗の王道「鉄紺」

menu > 掛袱紗(染)家紋入り
掛袱紗「鉄紺」並と重目

永遠の定番色「鉄紺」の「掛袱紗」。清々しさと格式の両方を兼ね備えたふくさ。初めて掛袱紗を家紋入りで作られるのに最も適したお色と言えます。※重目は亀房、並生地はストレートな平房。

結納で使う
特に最近では「結納金を持参する」際に失礼のない丁寧な方法として切手盆セットを使用することが多いですが、結納など家としての大切な用事ならば「鉄紺」をお勧めします。お支度金としてお渡しの場合も同様です。

例え結納金だけを切手盆で渡すとしても、家紋入り掛袱紗を掛けるだけで結納が見違える!がらりと雰囲気が変わります。
切手盆とは

家紋入り掛袱紗を切手盆にかけて結納で使う
※切手盆用の掛袱紗は6号(20×22cm)

風呂敷や切手盆セットも、鉄紺の家紋入りでとお考えなら以下のページから
掛袱紗を結納の目録にかけて使う 本来は切手盆・広蓋と一緒に使用するものですが、ヘギ台に乗せた目録や受書に直接掛けてもOK 、掛袱紗は6号を使用。

ヘギ台に掛ける掛袱紗、6号と8号どちらにしようか迷ってます・・

結納金だけをヘギ台に乗せてお渡しする事もあるかと思います。掛袱紗6号(20×22cm)、8号(28×30cm)を実際に掛けてみました。 参考までにヘギ台のサイズは約24cm角

ヘギ台に掛袱紗6号と8号 掛袱紗を結納の目録にかけて使う
8号だとすっぽり覆い隠せるけど正直ちょっと大きすぎるかも.。6号の場合、小さいと言えば小さいけれど、ヘギ台の内寸にぴったり。何より後々切手盆とセットで使うことを考えると「ヘギ台には6号の掛袱紗」という選択が良いようには思います。

ゆったり一回り大きい掛袱紗がご希望ならば
■掛袱紗(塩瀬)定紋8号「鉄紺」並
■掛袱紗(塩瀬)定紋8号「鉄紺」重目
※8号(28×30cm)は本来は広蓋用


結納金を入れる入れ物も見てみたい、という方は以下のページから
並生地の房を亀に変更 Q 並生地で房を亀房にできますか?

A もちろん可能です。ただし房の差額が2000円程(ご希望の場合はその旨お伝え下さい、差額を計算してご連絡します)
 

質問する
0120-22-7637
9:00~18:00(木曜除く)
注文はこちらから

「松葉色」別誂えのイチオシ

menu > 掛袱紗(染)家紋入り
切手盆8号と掛ふくさ6号(松葉) 濃い目の深く落ち着いた「松葉色」の家紋入り掛袱紗
写真は、掛袱紗(塩瀬)別誂6号「松葉」重目と切手盆(越前塗)8号
家紋入り風呂敷・白山紬(並生地)松葉 家紋入り掛袱紗・塩瀬(並生地)松葉
家紋入り広蓋(越前塗) 広蓋や切手盆にも家紋を入れ3点で使用すればより正式に

「よもぎ」は明るいグリーン

menu > 掛袱紗(染)家紋入り
家紋入り掛袱紗「よもぎ」 「よもぎ」は松葉よりももう少し明るい緑。松葉がちょっと渋すぎるかなと言う方にお試し頂きたいお色です。掛袱紗は通常若干縦長ですが、写真は縦横を逆にして横長でお作りしています。別誂であればこういったことも可能です。
■掛袱紗(塩瀬)別誂6号「よもぎ」重目

質問する
0120-22-7637
9:00~18:00(木曜除く)
注文はこちらから

「ローズ」は初々しいお色

menu > 掛袱紗(染)家紋入り
家紋入り掛袱紗「ローズ」 「ローズ」はお祝専用としてとても品が良い。お嫁入り道具として最適。
掛袱紗(塩瀬)別誂6号「ローズ」重目
家紋入り切手盆3点セット「ローズ」 写真は切手盆3点セット「ローズ」、セットではなくそれぞれ単品でも購入可能。

質問する
0120-22-7637
9:00~18:00(木曜除く)
注文はこちらから

仏事用「銀鼠」の掛袱紗

menu > 掛袱紗(染)家紋入り
袷ふくさ(白山紬)銀鼠45cm重目。掛袱紗(銀鼠)6号重目 「銀鼠」の掛袱紗は弔事専用。
別誂6号・並

手ふくさや袷ふくさとペアで作られていかがでしょうか?
家紋入り掛ふくさ(銀鼠)並・別誂と手ふくさ45cm
手ふくさ45cmと
掛ふくさ(銀鼠)重目・別誂と袷ふくさ(松葉)重目・別誂
袷ふくさ「松葉」と
定紋でも銀鼠・松葉はすべて別誂。「松葉」は落ち着いた応用の利く色、銀鼠と松葉の2色の組み合わせも捨てがたい。
袷ふくさ 手ふくさ
家紋入り掛袱紗(銀鼠)銀房仕様変更 銀房の仕様が変わりました。

「松葉房」(松葉の形)

お布施を丁寧にお渡しするなら「掛袱紗」を
プラチナ家紋入りの切手盆とセットで揃えておけば、お布施をお渡しするのにこれ以上丁寧な方法はないと言えます。写真の切手盆は小ぶりな7号ですが、掛袱紗と組み合わせるなら一回り大きい8号の切手盆が理想。また掛袱紗のお色を少し濃い目の「濃鼠」で染めるのがおすすめ。

掛袱紗6号(濃鼠)+切手盆プラチナ家紋 家紋入り切手盆・法事用プラチナ3点セット
切手盆(仏事用)プラチナ・掛袱紗・風呂敷の3点セットで揃えておくのもおすすめ。
単独でも出番の多い 包み風呂敷は、(縮緬)重目52cmを組合せ 家紋入り 手ふくさ縮緬(銀鼠)重目52cm

生地による銀鼠の色味
染の掛袱紗は正絹の塩瀬というさらりとした生地。そのため染料が染み込みやすい縮緬などと比べると、同じ色番を指定しても薄い色に染まります。銀鼠よりも濃い「濃鼠」という色に寄せて若干濃い目に染めるのもおすすめ。
質問する
0120-22-7637
9:00~18:00(木曜除く)
注文はこちらから

古の「京紫」

menu > 掛袱紗(染)家紋入り
家紋入り風呂敷・掛袱紗「京紫」 「京紫」数ある紫の中でも、古から京で使われてきた本来の紫。写真の風呂敷2.4巾(90cm)と掛ふくさ8号重目に組み合わせる広蓋は13号が最適。※特別色の為色見本にはございません。

質問する
0120-22-7637
9:00~18:00(木曜除く)
注文はこちらから

よくある質問

切手盆の大きさは何号が最適?
6号サイズの掛ふくさに切手盆は越前塗、輪島塗とも、8号・9号どちらでも適合します。
切手盆8号と掛ふくさ(6号)
切手盆8号(17×24cm)と
切手盆9号と掛ふくさ(6号)
切手盆9号(19×27cm)
切手盆9号に掛ふくさ(6号)を掛ける
写真は切手盆9号に掛けた場合ですが、一回り小ぶりな8号に掛けた場合は1cm程の空き

掛袱紗8号(28×30cm)を合わせてもOKでしょうか?
一般的に切手盆に対しては大きすぎるのですが、一番大きい9号の切手盆であれば組み合わせも可能

切手盆9号に掛ふくさ(8号)を掛けるコツ
▲写真の切手盆は9号(27×19cm)
写真のように左右を内側に折り込みます。上下に関しては1.5cmずつはみ出る位で違和感がない。

※和歌山などでは、切手盆に掛袱紗8号(28×30cm)を合わせるケースがあります。
掛袱紗は何のために使う?
贈り物を差し上げる際に剥き出しの状態で渡すのではなく、ふくさを一枚掛けて、そこに結界(特別のVIP空間)を作る。 切手盆8号と掛ふくさ(6号)を掛ける
日本人独特の美意識の表現方法。また前面に家紋が表されている事によって、誰がどういう目的で、どういう意味合いで、しかも心を込めて祝い事に参じたかがひと目で理解でき、何も言わなくてもすべて通じ合うと言う心にくいばかりの演出のルールなのです。

並生地と重目生地の違い
並生地の房 重目生地の房
【並】
・平房
・軽い手触り
並生地は若干さらりと軽い風合いですが透けてしまう程薄い事はありませんし実際の用途に全く支障はありません。
【重目】
・亀房
・重厚な手触り
重目は厚手生地。重みがあるだけに手触りは重厚感があり、品物に掛けた時の感触や包み心地がしっかりとしています。

実際に重さを図り比べてみました。
掛ふくさ・塩瀬6号<並>約27g
掛ふくさ・塩瀬6号<重目>約40g
※条件による染料の差等でも変わりますが重目のほうが1.5倍近く重い


ナチュラルフィット

Q ネームだけ入れることも可能?
A もちろん可能です。ただし家紋を入れるのもネームを入れるのも真っ白な生地の状態から染めますので、掛かる費用は同じです。家紋もついでに入れておいた方がお得かも
Q 染で両面家紋もできますか?
A 綴れの場合は表面が家紋、裏面が柄が一般的ですが。染の場合でも作ることは可能です。

こんな感じで過去に作らせて頂いたことがあります。通常の掛袱紗は一枚のキレで出来あがっていて、1方を曲げた後残り3方を縫製しますが、この場合それぞれ別々に染めた上、本来の縫製と全く違う方法で縫い合わせをします。完全な特注品です。但し単純に二枚作るのと同じ金額が掛かりますことご了承ください。
染の掛袱紗でも両面家紋も可能(裏面)
裏面
染の掛袱紗でも両面家紋も可能(表面)
表面
家としての正式な家紋とは別にシーン毎に家紋を使い分けるお家があます。これは替紋(かえもん)と呼ばれていますが、織田信長は7つもの家紋を使い分けていたといわれています。
Q 生地は国産ですか?
A もちろん日本国内産です。塩瀬、正絹100%のものになります。
Q 別誂の場合、別途紋の型代が要りますか?
A 紋帳に掲載のない紋や、複雑な家紋の場合型代が掛かります(2000円程度)。悪しからずご了承くださいませ。

染について

「掛袱紗」別染めならお好きなお色に染めることは可能ですが、一般に以下の色がよく使われています。
色見本 色見本 色見本 色見本 色見本
古代紫 鉄紺 エンジ 銀鼠
色見本 色見本 色見本 色見本 色見本
ローズ 松葉 江戸紫 赤紫

当店では白生地から染め上げております

白生地の状態から、家紋やネームの部分にのみ糊置きをし染まらないようにし、それ以外を染め上げる引染(ひきぞめ)と呼ばれる本来の染の方法です。

あなた色に染まります
元々はお嫁入りに袱紗や風呂敷に家紋を入れ染めて持たせた事から始まった言葉、それゆえ白生地から染め上げるという事に価値があると思っております。

安価に家紋を入れる方法
"抜染"(ばつせん)は採用していません

【理由】
  • 実は裏まで綺麗に白く抜けてはいない
  • 色の抜けた部分は真っ白ではない
  • 薬品で色を抜いた部分が変色しやすい
  • 薬品で強制的に色を抜く生地へのダメージ
    ※若い頃オキシドールで髪の色を抜いた経験のある方はよくわかると思います。

    へんくつと思われるかもしれませんが、値段は少し高くても本当にお客様の為になる方法でのみ染めさせて頂きます。
    ご注意下さい!定紋の場合【鉄紺】になります。
    当店では白生地から染め上げております
    掛袱紗
  • 塩瀬・正絹100%
  • 家紋・ネーム入り
  • 「並生地」と「重目生地」
  •      

    サイズについて

    掛ふくさ10号と6号の大きさの違い
    10号と6号

    6号(20×22cm) 切手盆8号又は9号用
    8号(28×30cm) 広蓋13号用
    10号(35×38cm) 広蓋15号用

    家紋入れについて

    以下の点についてお知らせください。

    正確な家紋名

    家紋のお写真(お手元にあれば)

    ※ai(イラストレーター),pdf,jpeg,png等のデータでもOK

    以下のいずれかの方法で。
    (1)メール・お電話・FAXから こちら
    (2)家紋の添付フォーム
    (3)カートから※カート内で添付可能

    折り返し家紋の確認をさせて頂いた上で制作を進めてまいります。
    間違えやすい家紋・例 「三つ巴」
    右三つ巴 左三つ巴 右だと思い込んでいたが、実は左三つ巴だった・・
    葉脈の本数は3本・4本?
    葉脈の本数は3本4本?	家紋によっては葉脈の数が3本と4本の物があります。
    既成の物は4本ですので場合によっては別誂えとなる可能性もあります。ご注文の際一度ご確認下さい。
    ご注意下さい!【定紋表】にあっても既製品がない場合がございます(要確認)
    ・別誂でも紋帳に記載がない場合、型代が掛かります(2000円程度)
    【定紋の場合の注意事項】


    ネーム入れについて

    ご希望された場合のみ
    掛袱紗ネーム入れ位置
  • ネーム入れ位置は「裏側の右下」
  • 別誂の場合、"家紋とネーム"両方入れても金額は変わりません。
  • 定紋(既製品)にネームを入れる場合、専用樹脂で描く方法となります。別途1200円
  • (税別)

    掛袱紗ネーム入れ位置(2)
  • こんな位置にも入れることができます。
  • 但し左の家紋とネームを同面に入れる場合、家紋とネームでの一つの型を作る必要があるため型代が余分に掛かります。(要見積)


  • 納期について

    【定紋】約7日
    【別誂】約30日
    但し様々な条件で、納期が前後します。

  • 天候が不順な場合
  • 家紋が複雑な場合
  • 定紋の在庫を切らしている場合
  • 染・仕立工場の長期休暇と重なった場合等

  • 何卒お早めに 納期はできるだけ余裕を見てご注文下さい

    ご購入はこちらから

    家紋名・色・ネームの有無等はカート内でお尋ねいたします。

    並生地

    【定紋表】
    (k1501)6号・定紋
    (k1601)8号・定紋
    (k1701)10号・定紋

    (k1503) 6号・別誂
    (k1603) 8号・別誂
    (k1703) 10号・別誂

    重目生地


    【定紋表】
    (k1502)6号・定紋
    (k1602)8号・定紋
    (k1702)10号・定紋

    (k1504) 6号・別誂
    (k1604) 8号・別誂
    (k1704) 10号・別誂

    家紋入りまでは仰々しくてという場合、刺繍寿のタイプを使ってみてください。

    arrow


    "くたっ"とした手触りが何とも言えない

    実に柔らかな手触り。でも重目でしっかりとした生地のため、柔らかいのにどっしりとした手触りも合わせ持つ。
    掛袱紗「刺繍寿」
    現在、お色は「紺」のみ
    大変申し訳ございませんが、現在お色は「紺」のみとなっています。

    【お詫び】ローズ・藤は廃番です。
    掛袱紗・刺繍寿  
  • 材質=正絹縮緬100%
  • 柄=刺繍寿(金文字)
  • サイズ=6号(21×23cm)
  • 色=紺
  • 重目生地
  • 細かく繊細な刺繍によって描かれた金文字。清楚な中にキラリと光る金一点
    納期

    在庫あり・即納

    (k1520)掛ふくさ6号・刺繍寿

    柔らかな手触りの縮緬、家紋入りでもできます。

    arrow


    渋い大人の"古代紫"
    赤紫よりもぐっと深みのある「古代紫」もおすすめ。縮緬の上品な雰囲気を一層引き立てます。同じ縮緬生地の手ふくさもあります。

    手ふくさ(風呂敷)
    掛袱紗「縮緬」
    掛袱紗・縮緬別誂  
  • 正絹縮緬100%
  • 家紋入り・別誂
  • サイズ=6号(21×23cm)
  • 重目生地

  • 家紋は白の染抜き、縮緬模様と白の染め抜きの家紋が幾重にも重なり、まるで美しいさざ波のように広がる
    掛袱紗・縮緬別誂 掛袱紗・縮緬別誂
    ちりめんの場合、塩瀬のものと比べると染料が染み込み易い生地の特性から、同じ古代紫でも若干濃い感じに染まるのが特徴。

    優雅な雰囲気の秘密は"赤紫"
    紫の中でも赤紫は縮緬との相性が実にいい、優雅さという点では赤紫に軍配が上がる
    掛袱紗・縮緬別誂 掛袱紗・縮緬重目・別誂
    ベーシックな「鉄紺」
     最も一般的で無難なお色の鉄紺、品格も兼ね備えこれぞ袱紗と言えるお色。 掛袱紗・縮緬重目・別誂
    色見本帳の同じ色番号を指定して染めても、明るめの色合いに染まる塩瀬と、落ち着いた色合いに染まる縮緬。風合いが異なります。
     3点セット(縮緬)
    手ふくさ(風呂敷)
    納期

    20日~30日

    (k1719)掛ふくさ6号・縮緬別誂


    ご注文にあたって
    こんな悩みはありませんか?
    サイズや色、その他疑問点について、じっくり相談しながら注文したい

    よろしければ直接お電話下さい

    ご要望・ご希望をお伺いしながら専門のスタッフがアドバイスさせて頂きます。

    お電話でもご注文承ります

    電話料無料0120-22-7637
    営業時間 AM9:00 ~ PM18:00(木曜休)

    ショールームでもご覧頂けます。

    ※ご来店日時をご連絡頂けるとより確実です
    〒511-0086
    三重県桑名市入江葭町68
    営業時間 9:00 ~ 18:00(木曜休)
    アクセス
    地図で確認
    京都・滋賀・奈良・名古屋・岐阜・静岡からも交通の便が良い三重県の実店舗