お問合せはこちら
0120-22-7637
営業時間 AM9:00 ~ PM18:00(木曜休)
HOME冠婚葬祭のお道具 > 風呂敷の包み方(紋入)


できれば相手様に失礼にならないようにしたい、でも本音のところは“自分が恥をかきたくない。恥をかかないための必勝法を伝授致しますす。一緒に勉強してみましょう。

実際に広蓋を風呂敷で包んでみましょう。

ここでご紹介する風呂敷の包み方は、広蓋に限らず切手盆の場合や手土産の品物を包む場合などすべてに共通した包み方ですのでぜひマスターしておいてください。

家紋入り風呂敷の包み方 家紋入り風呂敷の包み方
紋が手向こう、外表になるように風呂敷を敷き掛袱紗を掛けた広蓋を中心に置きます。袱紗の房を内側に入れると、より包みやすくなります。
家紋入り風呂敷の包み方 家紋入り風呂敷の包み方
手前から折り込み、次に左を折り込みます。
家紋入り風呂敷の包み方 家紋入り風呂敷の包み方
右をその上に折り重ねます。紋などが中央正面に来るよう手向こうを折り寄せ、ビシッと仕上げます。
 

究極のカッコよさ

スキのない身のこなし、立ち振舞いは見ていて実にカッコいいものです。

よくある質問

Q 風呂敷はどちらがどのタイミングではずしたらいいのでしょうか?
A お品をお渡しになる前に自分のほうではずして下さい。そして畳んで脇へ置いておきます。決して風呂敷に包んだままお渡しするということはしないで下さい。
Q 結んではいけませんか?
A もちろん結ぶ包み方もありますが、家紋入りの風呂敷の場合家紋がきれいに出るように包むのが基本となりますので、やはり結び目を作らず包む方法が適していると思います。
Q 外表”とありますが、どういう意味でしょうか?
A 外表とは、分かりやすく言えば、風呂敷を裏返した状態ということです。
Q 風呂敷は持ち帰るものでしょうか?
A 風呂敷に家紋を入れる場合、通常自分側の家紋を入れます。それは自分専用になりますので持ち帰るのが一般的です。 相手側の家紋も自分側と全く同じだったということも稀にはありますが・・・例えば無地ならばプレゼントとしてしまうと言う方法もあるにはあります。
Q 実は返すのを知らずに、もらいこんでしまったのですが
A 実はこれ割とよくあるパターン。受け取り側としてもバタバタしていて、結局どうしてよいものかも分からず返すに返せず取り込んでしまったって場合です。この場合は、お盆や掛ふくさ一式はひとまず預かっておいきますが早急にお返しに行くのが礼儀です。
Q 結納を持参する場合にも使えますか?
A もちろん可能です。せっかくのお道具ですから御祝いだけで終わらせてしまうのはもったいない、どんどん使ってください。取り扱い方につきましては上の写真でご説明している渡し方と全く同じです。さらに“風呂敷”で包んで持参すると完璧ですね。

お電話でも承ります

お問合せ0120-22-7637
営業時間 AM9:00 ~ PM18:00(木曜休)

ショールームでもご覧頂けます。

※ご来店日時をご連絡頂けるとより確実です。
〒511-0086
三重県桑名市入江葭町68
営業時間 9:00 ~ 18:00(木曜休)
アクセス
地図で確認
京都・滋賀・奈良・名古屋・岐阜・静岡からも交通の便が良い三重県の実店舗